World Wide Angle

About World Wide Angle
ワールド ワイド アングルについて

wwaSampleStrip1

ワールド・ワイド・アングルは1996年に写真学校を終えてすぐに設立しました。一番好きなレンズ、ちょっと広角(ワイドアングル)な35mmを通して世界(ワールド)を撮影する事は常々僕の夢であり、計画でした。このレンズに愛着を持っている理由は、広角レンズだと標準レンズに比べて焦点距離が短いため完璧な写真を撮るには自ずともう一歩前に踏み込む必要がある、それが被写体や撮影対象とのつながりへと導いてくれるからです。写真教室などで生徒に真っ先に教えるのも「もう一歩前へ」の大切さなほどこれは僕にとって重要なファクターです。あるときカリフォルニア在住の長年の良き友(ヒューゴ・ミッチェル・アドバータイジングのミッチ)と、レンズと写真構想について熱く語り合っていたらふと彼が言葉遊びから『ワールドワイドアングル』というネーミングを思いつきました。

その夜つけた名前を携えて自分への公約通りそれから35mm(と、多くの他のレンズも含めて)と世界を撮影してきましたが、次の章の扉を開ける時がやって来ました。コンテンポラリー・ポートレートという魅力ある手法と今まで培って来た写真世界での経験を強みに今最も力を注いで行きたいのは、誰にとっても世の中で一番大切なもの『こどもたちと家族』です。そしてそれはあなたのご家族なのです。

World Wide Angle was started in ’96 after i had finished my stint at photography school. My plan was to photograph the world through my favorite lens, the slightly wide angle 35mm. I love this lens because it forces me take a step closer to get the perfect shot which leads to a connection with my models and/or subject matter. I find the “step closer” so important that it is the first topic i touch on when teaching classes. Discussing the lens and my plans with my good friend Mitch, from California based Hugo Mitchell Advertising, led to him coming up with the wordplay name, World Wide Angle.

In the years since that evening, i have been true to my plan of documenting the world with my 35mm (& many other lenses), but it is time for a new chapter. Through ‘contemporary portraiture’ and with the experience gained in the field, i now want to focus on making amazing photographs of the most important subject matter in the world; your kids and your family.

contemporary portraiture  |  コンテンポラリー ポートレート
photographer : andrew vorland  | アンディ ボーランド : フォトグラファー