The Photographer

About Andy
アンディについて

phtgrphr01最初の一眼レフのカメラ(ニコンFE2)を買った時から人生のほとんどをファインダー越しに見てきました。中・高校生時代を過ごした名古屋のアメリカンスクールでは学校の卒業アルバムのために撮影から暗室作業や編集まで携わっていました。アメリカで大学に行ってからも大学新聞や卒業アルバム等のために撮影をしながら暗室運営も任されていました。大学卒業後、一旦カメラをおき写真家になるという夢の路線からほんの少しの間遠ざかったことがありましたが、次にカメラを持った時にはよりいっそう真剣に取り組むようになりました。ところが写真の勉強をしているうちに中学から大学を通して撮っていた写真の撮り方の上へ行く写真の世界があるのだということに気づき、すぐに写真学校へ行く手筈を整えました。1996年に学校を終えてから日本に戻りワールドワイドアングルを立ち上げ、それ以来、世界を旅行しストック写真を増やしながら各種出版刊行社と仕事をしてきました。ユナイテッド航空やJAL日本航空の機内誌やアメリカと日本の全国誌等に僕の写真が掲載されました。数年に渡り、名古屋在住外国人のための英文情報誌「アベニューズ」の専属カメラマンとアートディレクターを務めたりもしました。最近では地元名古屋のモダンアートギャラリージルダールに『発見』されてからジャーナリズム写真家とはまた違ったアーティストと言う役割も果たすようになりました。

生粋のアメリカ人ながら日本で生まれ育った僕は、バイリンガルなだけではなく「バイカルチャー」(アメリカと日本の二文化に精通)であり、このユニークな観点が写真撮影及び作品に現れます。この視点と蓄積された経験を以てお客様のお子様やご家族の写真を単なるポートレートではなく一枚一枚特別なアート作品として創造します。

妻と僕は名古屋を拠点としてこの地に住んでいますがよく旅にも出ています。

From the time i bought my first SLR camera — a Nikon FE2 — at age 12, there have been very few spans in my life that i have not seen through a viewfinder. Through junior high & high school i was involved with the school yearbook from photographing & working in the darkroom to editorial responsibilities at the small international school i attended in Nagoya, Japan. Upon returning to the US for college, i worked for the school paper as a photographer & ran the darkroom. After college, the dream of becoming a photographer was put on hold, but not for long. I soon started studying photography in earnest, more to remember than to learn, but soon realized that there was much that i didn’t know so decided to enroll in photography school. After finishing with the school in ’96, i returned to Japan and started World Wide Angle Photography. Since then i have worked for various publications and travelled the world expanding my stock library. I’ve worked for United Airlines and JAL’s inflight magazines along with national magazines on both sides of the Pacific. For a number of years i was the art director, as well as photographer for Avenues, a Nagoya based magazine for expats. Recently i was “discovered” by Jill D’ Art, a prestigious local modern art gallery which has lead to my wearing the hat of an artist also.

Being born & raised in Japan of an American family has led to my bi-lingual/bi-cultural state, a perspective which gives me a unique “eye” when making my photos. It is this perspective i will draw on when i focus on making your children and family’s portraits a special piece of artwork.

My wife Yukari & i are based in Nagoya, though we are on the road quite a bit.

world wide angle  |  ワールド  ワイド  アングル
contemporary portraiture  |  コンテンポラリー ポートレート